DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

JRJ20150707 研究活動紹介
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

Exposure見積もりの基礎研究 -自動車-機能安全-ISO 26262-
Basic Research for Estimating the Probability of Exposure -Road Vehicles-Functional Safety-ISO 26262-

大谷 正俊,後呂 考亮,山本 吉則
Masatoshi OTANI,Kosuke USHIRO,Yoshinori YAMAMOTO

自動車のE/E(電気/電子)システムの機能安全国際規格として,2011年11月にISO 26262:2011(First edition)が制定された.機能安全とは,安全機構の実装,あるいはプロセスの導入を含めた安全方策によって安全性を確保することをいう.
 ISO 26262規格発行後,各OEMが取り組んでいるASIL(Automotive Safety Integrity Level:自動車安全度水準)を決定するH&R(Hazard analysis & Risk assessment:ハザード分析およびリスク評価)は,Exposure,Severity,Controllabilityの各要素の組合せから導出される機能安全のコンセプトフェーズにおける重要な実施項目の一つである.
 しかしながら,多くのOEMはASIL決定に際し,規格上に明確な規定がない,また業界で標準化されたユースケースが存在しないという材料不足の状況下で,独自のエキスパート判断によりASILを導出している.
 同一機能のアイテムに対して異なるASILが,各OEMの独自の解釈や基準に基づいて,エキスパート判断によって導出されている場合には,どのASILが適切であるかについて自動車産業界内の混乱を招く一因となり得る.
 そこで,本稿ではASILの不均一を招く要素であるExposureについて,適切な評価のための証拠データや推論の導出に関する参考事例を紹介する.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20150707 研究活動紹介

発行年月 / Date of Issue

2015/07

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics
ID:6776
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ