DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

JRJ20150802 研究活動紹介
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

ISO 26262 共同研究総括
Summary of JARI ISO 26262 Joint Research Activity

長谷川 信
Makoto HASEGAWA

自動車の電気/電子(E/E)システムにおける機能安全について規定した国際規格ISO 26262が,2011年11月に発行された.自動車の機能安全とは,搭載されたE/Eシステムに故障が発生しても,フェールセーフなどの安全機構を設けることにより,ドライバや乗員,他の交通参加者等への危害を及ぼすリスクを,許容可能なレベルまで低減する考え方であり,車両総重量が3,500 kgまでの量産乗用車に適用される.
一般財団法人日本自動車研究所(JARI)では,自動車業界各社がISO 26262を適用し,運用する際の課題を検討することを目的に,2011年にISO 26262運営委員会を設置し,自動車業界各社と共同研究活動を進めてきた.活動開始から4年が経過し,設置当初の目的がほぼ達成されたため,その成果について紹介する.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20150802 研究活動紹介

発行年月 / Date of Issue

2015/08

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics
ID:6783
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ