DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

ITS11-01

ITS産業動向に関する調査研究報告書 -ITS産業の最前線と市場予測2012-

 ITSは,安全で快適な交通システムの実現という従来からの目的に加えて,社会の要請の変化や技術の進展を受けて,交通システムを取り巻く様々な分野との連携が求められるようになってきている。こうした社会のニーズに的確に応えていくためには,技術的な面での検討だけでなく,社会的な受容性やサービスの実現性をターゲットに据えた新しいITSの展開が求められている。
 JARI ITS研究部では、変革点にたったITSが社会の課題を解決し貢献していくことができるよう,現状を把握し,発展にむけた課題を抽出するため,1998年度より「ITS産業動向調査研究会を設置し継続調査を実施している。
 具体的には,ITSの各分野の現状や市場動向について紹介するだけでなく,ITSのステップアップに向けて関係者へのインタビューやアンケートを通して得られた課題や知見を分析し紹介している。また,その調査結果をより多くの方々に知っていただくため広く一般にも頒布している。
・スマートフォンの普及を受け、車内へのデバイスの持ち込みや既存のサービスとの連携が始まったカーナビやテレマティクスサービスの変化について紹介するとともに,カーナビやPNDの国内・海外の市場動向・予測を実施。
・全国の高速道路に整備されたITSスポット対応車載器の普及や,民間によるDSRCサービス普及に向けての展開や期待などについて伺ったアンケート結果と今後の普及に向けた課題を抽出。
・市場に投入され始めた自律型の安全運転支援システムの技術動向や普及状況について紹介するとともに、安全運転支援システムの要素技術である環境認識技術の現状や技術動向と併せて、今後の普及に向けた課題などのアンケート結果を掲載。
・EV普及に向けて,EVの一充電あたりの走行距離の短さを補う方策や充電インフラの整備の過程において期待されるITやITSを活用した取り組みや,海外のEVの普及動向や技術動向について紹介するとともに,EV普及に必須となるエネルギーの需給管理システムなどを目指した動きなどについて紹介。

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

ITS11-01

事業種別 / Type of Business

自主/Inhouse

発行年月 / Date of Issue

2012/06

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

調査研究/技術動向調査
ID:6803
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ