DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

ITS13-01

ITS産業動向に関する調査研究報告書 -ITS産業の最前線と市場予測2014-

 昨年、東京ではITS世界会議や東京モーターショーなど、大きなイベントが相次いで開催され、安全で快適な交通環境の実現に向けて、国が強力に推進する「インフラ協調システム」や「自動運転システム」が公開され、日本の優位性を世界に示すことができた。特に「自動運転」については、様々な媒体で取り上げられた。
 今年度に入り、科学技術イノベーションの実現に向けた施策として「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)」がスタートした。SIPでは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを一里塚として、東京の発展と高齢化社会を見据えた次世代交通システムを実用化し、世界最先端の交通システムビジネスを創出するとしており、今、自動車やITSの周辺で起きている変化は、これまでの状況を一変する可能性を持っている。
 今年度は、安全運転支援システムや自動運転だけでなく、自動車を取り巻く様々な情報「ビッグデータ」の活用や、外部と繋がるために検討が必要な自動車の「セキュリティ」など、自動車やITSの変化を「見える」ようにすること、また、これらの変化をプラスにするために解決すべき課題を抽出することを念頭に調査を実施した。
・各国で開発が活発化している自動運転の実現にむけての課題である自動運転レベルの定義や、技術的・非技術的課題、人間と機械の役割分担や人間の対応能力などの検討、社会的な基盤の醸成などを整理して紹介するとともに、海外の自動運転技術の開発動向についても紹介。
・市場に投入され始めた自律型の安全運転支援システムの技術動向や普及状況について紹介。急速に普及が進む衝突被害軽減システムの市場予測を昨年に引き続き実施するとともに、その他の安全運転支援システムの普及に向けての課題を整理。
・自動車業界だけでなく、ICTなど今までとは異なるプレーヤーも参入し検討が始まっている自動車を取り巻く情報のビッグデータとしての活用に向けての様々な動きについて紹介した。
プローブやビッグデータの活用推進のために必要な車と外部環境との接続の影響を考慮したセキュリティについては、欧州で活発な研究開発がすすめられている。セキュリティ関連の開発状況や標準化の動向、最新の動きについて米国、日本の動きを併せて紹介した。

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

ITS13-01

事業種別 / Type of Business

自主/Inhouse

発行年月 / Date of Issue

2014/06

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

調査研究/技術動向調査
ID:6805
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ