DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

JRJ20150906 研究活動紹介
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

SIP 自動走行システム「走行映像データベース」の構築技術の開発及び実証の研究開発概要
Development and verification of construction technology of driving video recognition database in SIP-adas

黒瀬 明光,野本 和則
Akimitsu KUROSE,Kazunori NOMOTO

2014年の全国の交通事故死者数は4113人で14年連続で減少となった.政府は「2018年度を目処に交通事故死者数を2500人以下とし,2020年までには,世界で最も安全な道路交通社会を実現する」ことを掲げている.
 既に研究開発や実用化が進められているカメラやレーダー等による周辺環境認識技術を用いた安全運転支援システムから自動走行システムの実用研究開発に向けては,更なる性能向上や信頼性向上等が望まれており,カメラやレーダー等による周辺環境認識技術の発展が欠かせない.その開発には,カメラやレーダー等による様々な走行シーンデータを整備した「走行映像データベース」の構築が求められている.
 一般財団法人日本自動車研究所(JARI)では,戦略的イノベーション創造プログラム(SIP:Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program)自動走行システム研究開発計画にあげられたセンシング能力の向上技術開発と実証実験テーマ(企画競争募集)を受託した.走行映像データベースの構築技術の確立を目標に2014年度から研究開発を開始し,本稿ではその概要を紹介する.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20150906 研究活動紹介

発行年月 / Date of Issue

2015/09

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics
ID:6807
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ