DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

JRJ20151003 研究活動紹介
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

全天候型白線識別技術の開発及び実証
Development and Verification of Lane Marker Detection System in All-weather Condition

後呂 考亮,中村 英夫
Kosuke USHIRO,Hideo NAKAMURA

ドライバの漫然運転や居眠り運転などによる車線逸脱が原因とされる交通死亡事故の割合は高く,その対策が望まれている.現在,車載カメラを用いて路上の白線を識別して車線維持を支援するシステムが実用化されているが,降雨などの悪天候時やトンネルの出入り口付近など照度が急激に変化する環境下においては,白線識別性能が大幅に低下するため,車線維持支援技術については検討の余地がある.
 将来想定する自動運転システム(レベル3以上)では,周辺監視義務を含む運転主権をドライバに代わりシステムが持つことが想定されており,自然環境に対してロバストな走行環境認識性能が求められている.
そこで本研究では,車線維持制御に必要な白線識別性能の自然環境に対するロバスト性を,車載センサと白線の工夫によりどこまで向上が期待でき,自動運転(レベル3以上)を含む次世代高度運転支援システムへの活用が期待できるのかを見極める.さらに,実用化も踏まえてコスト面など識別性能以外の要素も考慮して検討する.
本研究は,SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)「自動走行システムの開発・実証」の「全天候型白線識別技術の開発及び実証」について,経済産業省からの委託を受けた研究事業として実施している.特に一般財団法人日本自動車研究所(JARI)は,中立公平な立場を生かし,産官学連携の中核として研究事業を推進している.本稿では平成26年度成果の概要を紹介する.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20151003 研究活動紹介

発行年月 / Date of Issue

2015/10

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics
ID:6822
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ