DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

87-1

自動車用通信システムに関する研究

 当協会では自動車走行ひいては自動車交通の安全性、経済性、利便性等を向上させることを目指して、情報処理技術、通信技術およびシステム化技術等の研究、並びにその成果の普及に関する事業を進めている。その研究の中心課題は、自動車総合管制技術プロジェクトで得られた自動車と道路の情報交換手段(局地デジタル通信)に関する改良研究で、これについては、昭和60年3月から筑波科学技術博覧会関連道路上で総合的なシステム実験を行い、その成果の実用性を検証し、今後の普及の進展を期待する段階に到っている。
 また、この局地通信が通信設備の付近でしか機能し得ないことや、衝突防止等、車の安全機能の向上を必ずしも考慮したものでない点等を補完するため、昭和56年から車々間通信に関する基礎研究も進めている。これらの通信手段は、今後、社会の情報化に従って様々に利用されて行くであろうが、現在の社会・経済の状況を考えた場合、情報化のみならず、高齢化、国際化、都市化、成熟化等、多様な変化が進みつつあり、自動車の機能や利用形態にも大きな影響を与えることになると思われる。
 当協会としても、これらの動向を今後の事業に反映させる必要があるとの観点に立って、昭和61年度から自動車の情報通信機能を出来るだけ幅広く把えて、将来の自動車に求められる機能とその実現に必要な課題を明らかにするための検討に着手した。本研究は、自動車走行のための通信手段のあり方及びその利用に関する今後の検討課題を明らかにすることを目的として行ったもので、本報告書はその研究成果をまとめたものである。
 本調査研究では、ニーズの検討結果から高度情報社会では業務用通信などのビジネス用通信やエンタテイメントの通信などが要求されており、路車間通信および、車々間通信、人車間通信の通信システムが必要と考えられ、これらの通信システムについて検討している。特に路車間通信では現在行われている通信方式に小ゾーン通信を追加し、この路車間通信システムで実現できないものを車々間通信と人車間通信による通信システムで行うことを提案している。

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

87-1

発行年月 / Date of Issue

1988/03

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

調査研究/ビジョン
ID:6829
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ