DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

92-3

日米欧主要プロジェクトのケーススタディによる国際共同研究の推進方策に関する調査

 自動車交通システムは、現代社会を支える不可欠な社会基盤として機能する一方、安全、渋滞、エネルギ、環境など様々な社会的問題の解決を迫られている。これに対して、電子通信、情報処理、制御技術などを高度かつ総合的に利用して、これに対処し、21世紀のモビリティを確保し、かつ新たな産業への展望を拓こうという動きが日本を含む自動車先進諸国で活発である。
 この、いわば情報化・知能化自動車交通システムの実現は、新たな社会システムの構築への試みといってよく、社会の多方面の理解と協力によって始めて達成できるものであり、技術的にも多くの学問、技術分野の専門知識を結集してあたる必要がある。また、その克服すべき課題は恐らく個々の国の努力に余る可能性すらもあり、今後、国際研究協力についても十分な考慮を払う必要があると思われる。
 本調査は、自動車の情報化・知能化技術分野における今後の国際共同研究プロジェクトの円滑な展開を期して、既存の日米欧の共同プロジェクトを調査することを通じて、プロジェクト企画や実施に役立つ各種の知見や留意点などを得るために行ったものである。

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

92-3

発行年月 / Date of Issue

1993/03

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

調査研究/海外調査
ID:6847
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ