DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20160503 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

粒子状物質がヒト気道上皮細胞の細胞透過性に及ぼす影響
Effect of particulate matter on the permeability of human airway epithelial cells

細谷 純一,伊藤 剛
Junichi HOSOYA,Tsuyoshi ITO

 近年,大気中の微小粒子状物質(PM2.5)が関与する健康影響については,特に心血管系影響が重要であると考えられている.心血管系影響を考える上で,肺胞内へ浸入した粒子の体内動態把握が重要であるが,未だ不明な点は多い.米国心臓協会は,PM2.5の心血管系影響のメカニズムの1つとして,粒子あるいはその可溶性成分が肺胞の上皮細胞を通過し血流内へ移行する可能性を指摘している.
 粒子の細胞透過の主な経路としては,細胞間を通過する経路(Paracellular route),細胞内を通過する経路(Transcellular route)が知られている.特にParacellular routeは,隣接した細胞間の密着結合(Tight junction;TJ)に依存しており,TJが異物侵入を防ぐ細胞のバリア機能を司っている.このTJの密集性と結合性については,経上皮電気抵抗値(Trans Epithelial Electric Resistance;TEER)を指標として簡便に測定可能である.
 本研究では,PM2.5の心血管系影響解明のための一歩として,その動態解明を目的に,PM2.5の気道上皮細胞透過性への影響について検討した.具体的には,粒子状物質を処置した上皮細胞において,TEERの変化を測定し細胞のバリア機能を評価するとともに,電子顕微鏡によりTJの開口および粒子状物質の局在について観察した.また,TJの主要な構成分子である細胞接着分子の遺伝子発現解析を実施した.
To investigate the effects of particulate matter on permeability of cultured human airway epithelial cells (Calu-3), we evaluated the barrier functional analysis as measured by Trans Epithelial Electric Resistance (TEER), and gene expression analysis of cell adhesion molecules. In addition, we observed morphological changes in tight junctions (TJ) of Calu-3 cells by transmission electron microscopy (TEM). As a result, diesel exhaust particles (DEP) reduced TEER of Calu-3 cells, and the result was supported by gene expression of some adhesion molecules. On the other hand, we could not identify DEP in the intercellular space of TJ or cytoplasm by TEM observation.

種別 / Article Type

JARI Research Journal

資料名 / Title

JRJ20160503 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2016/05

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6859
 

▲ページトップへ