DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20160501 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

単セル高電位保持試験の途中診断が耐久性に及ぼす影響
Effect of Interim Diagnosis in OCV Durability Testing of a PEFC

清水 貴弘,松田 佳之,橋正 好行
Takahiro SHIMIZU,Yoshiyuki MATSUDA,Yoshiyuki HASHIMASA

エネルギーコストや地球温暖化問題への対応のため,水素社会実現に向けた取り組みが進められている.水素の利活用技術として期待される燃料電池自動車(FCV)では,固体高分子形燃料電池(PEFC)が使用される.2014年にはFCVの市販が開始されたが,広範な普及にはPEFCの耐久性・信頼性・コストなどの課題があり,解決が望まれている.これらの課題を踏まえ,将来の膜電極接合体(MEA)の発電環境や材料の目標性能実現に沿った研究開発を推進するため,燃料電池実用化推進協議会(FCCJ)により耐久性評価試験プロトコル(FCCJプロトコル)が提案された.
 NEDO事業「セル評価解析の共通基盤技術」(セル評価プロジェクト)では,FCCJプロトコルに準拠した耐久性評価試験プロトコル(セル評価解析プロトコル)を設定し,JARI標準セルおよびセル評価プロジェクト標準MEAを用いた耐久性評価試験を実施してきた.どちらのプロトコルにおいても,PEFC構成材料の耐久性を評価するためには,終了判定に到達したか確認するために定期的に試験の途中で診断試験(途中診断)を実施することが必要である.本報では,電解質膜の耐久性評価試験である高電位保持試験(OCV試験)を行い,途中診断が耐久性に及ぼす影響を把握することを目的とした.
Open circuit voltage (OCV) hold tests were conducted to clarify the effect of interim diagnoses, which are necessary to determine if the tests should be terminated, in OCV durability testing of a polymer electrolyte fuel cell. The tests were implemented by the method described in the protocol of the "Cell Evaluation Project" that is compatible with the FCCJ protocol. Based on the results, we demonstrated that frequent interim IV measurements might accelerate the degradation of electrolyte membranes. Therefore, we should reduce the frequency of the interim IV measurements and explore the appropriate interval of interim diagnoses to avoid damages by the diagnosis itself.

種別 / Article Type

JARI Research Journal

資料名 / Title

JRJ20160501 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2016/05

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6861
 

▲ページトップへ