DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research JournalIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

JRJ20160605 解説
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

高度自動走行システムの実現に向けての非技術的課題
Non Techinical Issues for the Imprementation of Highly Automated Driving Systems

鈴木 尋善
Hiroyoshi SUZUKI

 高速道路で車両の縦方向制御を行う車間距離制御システム(ACC)や横方向制御システムを行う車線維持支援システム(LKAS)はすでに製品化され,最近では衝突被害軽減ブレーキシステム(FVCMS)や駐車支援システム(APS)などの導入が急拡大し,車両の自動制御の社会的受容性は醸成されてきており,これらシステムの国際標準化もすでになされている.
 ACCとLKASを統合しかつ渋滞時追従を行う,いわゆるLevel 2自動走行システムも実用化されてきており,ここ数年の内に普及が進むと予測される.
 システムが制御は実行するが,運転環境のモニター責任はドライバにあるLevel 2システムに対し,システムが運転環境をモニターし,行動を判断し,制御を実行するLevel 3以上の高度自動走行システムの実現に向けては,技術的課題はもちろんだが非技術的課題が重要であり,最近では自動運転の国際会議で大きなキーワードになっている.
 本報告では昨年行われたAVS2015およびITS世界会議2015等から,かかる非技術的課題を中心としたトピックを紹介する.なお,自動走行システムを以下AVと略称する.

種別 / Article Type

JARI Research Journal

資料名 / Title

JRJ20160605 解説

発行年月 / Date of Issue

2016/06

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics
ID:6862
 

▲ページトップへ