DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20160603 技術資料
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

燃料電池二輪車の技術基準に関する調査
Research on Technical Regulations for Fuel Cell Motorcycles

山田 英助
Eisuke YAMADA

 燃料電池自動車(FCV)は,従来の内燃機関の代わりに燃料の水素を格納する高圧水素容器と駆動電力を発生させる燃料電池スタックを搭載した自動車である.四輪車のFCV(FC四輪車)は世界に先駆けて2014年12月15日に日本で量産型の市販が始まった.
 一方,同様の駆動機構を概念とした燃料電池二輪車(FC二輪車)は,2014年6月14日に閣議決定された規制改革実施計画の中で「道路運送車両法の保安基準や高圧ガス保安法の容器等の技術基準策定」として掲げられた.この時点で道路運送車両法および高圧ガス保安法においてFC二輪車は除外されていたため量産型の市販は難しい状況であった.
 四輪車と二輪車の特性の違いによってFCVとしての安全性評価も異なることから,FC二輪車に適した技術基準の整備が必要となる.二輪車は四輪車よりも小さく軽く,転倒するなどの特性に違いがある.これらを考慮した基準整備を行うため,二輪車業界および関連機関等でFC二輪車の安全性に関する検討が行われている.一般財団法人日本自動車研究所は基準整備のために資する試験データの取得および審議するための有識者委員会の運営などを通じて技術基準の作成に携わってきた.
 2016年2月23日には,道路運送車両の保安基準に関する告示等の改正により世界で初めてFC二輪車の安全基準が策定された.高圧ガス保安法の技術基準整備も議論が進められているところである.
 本調査では,整備が進められているFC二輪車に関する技術基準をまとめる.

種別 / Article Type

JARI Research Journal

資料名 / Title

JRJ20160603 技術資料

発行年月 / Date of Issue

2016/06

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6864
 

▲ページトップへ