DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20160706 研究活動紹介
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

曝露評価に用いるための自動車排出ガス濃度の推計(第2報)
Estimation of Emission Gas Concentration for Exposure Evaluation (2)

森川 多津子,冨田 幸佳,中山 明美
Tazuko MORIKAWA,Yukika TODA,Akemi NAKAYAMA

一般財団法人日本自動車研究所では,2010年度から2014年度の5か年にかけ,自動車起因の大気汚染物質濃度および道路交通騒音による,心血管系疾患への健康影響を疫学的見地から明らかにする研究を実施した.研究デザインは,東京都葛飾区の65歳以上の被験者3,000名を対象として質問票調査を実施し,推計した住宅屋外の環境レベル(大気,騒音)と,心血管系疾患の有症率との関連性を統計学的に解析・評価するものである.
 著者らはこの疫学研究において,正規型プルームモデルである産総研-曝露・リスク評価大気拡散モデル(AIST-ADMER, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology -Atmospheric Dispersion Model for Exposure and Risk Assessment)ver.2.5と,詳細な自動車排出ガス量推計結果を組み合わせ,対象者ヘの自動車起因の大気汚染物質の曝露濃度の推計を試みた.それにより疫学研究に必要な,沿道と後背地におけるNOx,SPM,PM2.5,PM2.5中の無機炭素成分(EC)の月別の年間濃度分布を得ることができた.また,葛飾区内の東京都および葛飾区管轄の大気汚染常時監視局のNOxおよびSPM濃度と,計算値は概ね一致することも確認できた.
 しかしながらAIST-ADMERを用いることにより,空間解像度がAIST-ADMERの最小解像度である約100 m×100 mに制限されてしまい,濃度勾配の大きい発生源近傍では曝露濃度の違いを十分に表現できないことが懸念された.また,解像度の問題がクリアされたとしても,自動車からの排出量強度自体が,1~4 km程度の道路交通センサスの調査区間をベースにしているため,交差点近傍や信号前後における車速の変化による局所的な排出量の違いが反映できない点も,詳細な曝露濃度の再現には問題があると考えられた.
 そこで本研究では,幹線道路から100 m以内の後背地にいたる濃度勾配,および幹線道路沿いの排出強度の違いの実態を把握するために,葛飾区内の奥戸街道沿いでの大気観測を実施した.
Vehicular pollutants concentration was estimated by using the AIST-ADMER model with detailed vehicle emission data to provide JARI’s epidemiological research of automobile exhaust gas in Katsushika Ward, Tokyo. However, as the minimum model grid size was limited to 100m x 100m, and also the investigation distance of average vehicle speed was several km, high-gradient pollutant concentration near trunk roads seemed to be difficult to represent. In this study, to know the actual pollutant concentration along the sides of trunk roads and toward backlands, the EC component in PM2.5, NO2 and NOx concentrations were measured in a 100m x 300m area range with high resolution sampling points. As a result, a higher resolution was needed for both the dispersion model and emission data.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20160706 研究活動紹介

発行年月 / Date of Issue

2016/07

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6870
 

▲ページトップへ