DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20160703 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

ディーゼル酸化触媒の諸元がHC由来白煙の排出挙動に及ぼす影響
Specifications Impact of Diesel Oxidation Catalyst on White Smoke Emission

松本 雅至,北村 高明
Masashi MATSUMOTO,Takaaki KITAMURA

ディーゼル乗用車から排出される白煙は炭化水素(以下HC : Hydrocarbon)由来および硫黄由来に大別され,前者は低排ガス温度を伴うエンジン運転条件下においてディーゼル酸化触媒(以下,DOC : Diesel Oxidation Catalyst)に吸着する多量の未燃HCに端を発すると考えられる.
 本研究では,HC由来白煙を対象に発生メカニズムの解明ひいてはエンジン燃焼や排気後処理システムの改善による白煙抑制の実現を目的としている.既報2)においては,HC由来の白煙排出量が多い条件では可溶性有機成分(以下SOF,Soluble Organic Fraction)が多量に排出されていることや,高沸点SOFの周囲に半揮発性の有機炭化水素が凝縮することでサブミクロンスケールの白煙粒子が形成されている可能性を示した.
 本報では,DOC諸元がHC由来白煙の排出挙動に及ぼす影響を明らかにするため,DOCに含有されるゼオライト量,貴金属(以下PGM,Platinum Metal Group)量およびPt/Pd比を変化させた際のDOCへのHC吸着量や吸着したHC種を把握し,白煙排出量との関係を調査した.
White smoke emission is observed from the tailpipe of diesel engines when unburned hydrocarbons (HCs) are stored on the diesel oxidation catalyst (DOC) under low gas temperatures. In this research, relationships among the amount of white smoke emission and the amount or quality of HCs adsorbed on the DOC were investigated by change of DOC specifications, such as zeolite content, platinum metal group (PGM) content and Pt / Pd ratio contained as PGM, under two HC adsorption temperature conditions: 120degC and 180degC. It was clarified that the adsorbed ratio of heavy HCs, which have a higher boiling point than that of nC16, becomes larger with decrease in the zeolite content at 120degC, leading to a dense white smoke emission at the same amount of adsorbed HCs on DOC.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20160703 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2016/07

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6873
 

▲ページトップへ