DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

82-2

車々間走行データ伝達システムのフィージビリティスタディ海外調査報告書

 米国のデトロイトにおいて開催されたインテリジェントビークルシンポジウム95(IVS95)に出席し、同時に幾つかの研究機関を訪問して、車々間通信技術をはじめとする車の高機能化技術の調査を行った。期間は1週間(実働4日)であり、場所もデトロイト周辺に限られたものであるが、関係者の協力により極めて有益な情報が得られた。
 同シンポジウムはIEEEのIndustrial Electronics Societyがスポンサになっているもので、毎年1度開催されている。昨年はパリで開催され、欧州のプロメテウスプロジェクトで開発された車の先進技術が走行デモストレーションの形で公開された。IVSは名前の通り、車の知能化、或いは情報化の技術の重点を置いた発表が主流となっており、単なるプロジェクトの紹介やITS分野の政策的な発表は少なく、技術的な意味ではレベルの高いシンポジウムである。
 シンポジウムは、全部で9のセッション(そのうち2つがポスタセッション)があり、90件の発表が行われた。参加者は約170名、日本人は20名である。昨年もそうであったがジェネラルチェアマンのDr.Masaki (MIT) が、運営がスムーズに進むよう細かく気を配っていた。
 発表の内容では、昨年は自律走行車VITAIIを紹介して話題をまいたD.ベンツが、今回はトラックのプラトゥーニングシステムを紹介したのをはじめ、これまで余り発表のなかったカーネギメロン大学が自律走行車関連の発表を数件行ったのが特に目を引いた。日本からは大手の自動車メーカー、電機メーカと並んで、広島大学、法政大学、成蹊大学などの大学関係から発表があった。

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

82-2

発行年月 / Date of Issue

1996/03

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

調査研究/海外調査
ID:6879
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ