DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

80-3

自動車走行電子技術に関する試作研究(車載装置に関する通信・表示・交通状況計測方式等について)

当協会は、路・車間の情報交換技術を自動車交通の改善並びに自動車の使用環境の向上に効果的に利用する技術(自動車走行電子技術)の研究を進めている。この研究の取りかかりとして昭和55年度半ばにとりまとめた基本構想をさらに具体化するため、
(1) 自動車走行電子技術に関する要素技術についてできるだけ広範に検討し、技術の研鑚をはかる。
(2) 今後のシステム設計にハードウェアに関する留意点を明らかにする。
という2項目を目的として実施した研究成果報告である。

I.ミリ波通信ユニットの研究及びミリ波用車載機の研究
 ミリ波帯による路-車間個別通信は、
・路上機用アンテナの路面埋設工事が不安
・伝送情報量が多い
・都市雑音等外来雑音を受けにくい
・交信領域が限定でき周波数の空間利用率が高い等のメリットが見込まれ、すでに、画像伝送システム、音声圧縮伝送システム等の開発例がある。これら開発例から、ミリ波帯使用のメリット、あるいは、使用デバイスが車載条件に耐え得るといった事も実証されつつあるが、まだ実用化には時間を要する。最大の要因は、高周波部分のIC化といった製造技術が確立されていないことによる。今回、一つの試みとして、送受信回路を総てIC化したミリ波通信ユニットを試作、通信制御・表示装置(日本電装殿担当)とも結合、動作確認の結果、ほぼ目標性能を満足することができたので、以下にその概要を報告する。

II.ドットマトリクス形液晶による汎用表示装置の研究
 汎用表示装置としての条件を求めるためドットマトリクス形液晶表示技術を応用し、車載表示装置の研究を実施した。55年度はその第一ステップとして40文字×4行、即ち160の英文字、カナ、数字等の表示が可能な標準形液晶モジュールをベースに設計試作を行ない、それを用いて車載用表示特性の測定、評価、解析を行った。その結果、運転者のアイポイントでは既設メカ式メータパネルの表示輝度及びコントラスト比と略同じ値が得られた。又表示の視認性・判読性についてはメッセージの長さ別(17文字~120文字)、表示言語別(英文、和文、数字混り)、表示時間別(5~15秒)の実験メニューで走行、停止状態別に実験参加者からのアンケート調査により評価、解析を行なった。その結果、停止時、走行時に限らず15秒間で判読可能なメッセージは実験者により多少の差はあるがカナ文字のみでは20文字前後と非常に少なく又数字混り文の方がより長文が判読できることが判明した。これらの結果は漢字入りメッセージ表示の有効性を示唆しており次のステップの足掛りを得たことになる

III.車載機の新機能及び新装着方法の研究
本研究は、車載機の新機能及び新装着方法の研究として、各種表示技術についての調査研究及び車上における機器装着方法についての調査研究を中心命題として、研究をまとめ、その成果をふまえて、装着場所研究用の車載機及び新マンマシーン機能研究用の車載機を試作し機能試験を行なうこととした。研究についての目的は次のとおりである。
・新装着方法の研究
・新マンマシーン機能の研究

IV 汎用型車載機の研究及び試作(株式会社日立製作所)
 自動車総合管制技術を応用した交通システムが、各種実用化され始めて来た。これらは、各々のシステムに応じて、独自の仕様を用いる傾向があり、こうした傾向が更に進むと、様々なシステムがそれぞれ個々の仕様で設立され、混乱した状態になることが懸念される。このような状態は、ユーザ側にとっても、メーカ側にとっても、二重投資などが発生し、好ましくない状態だと言える。
 このような状況に鑑み、汎用性が高く、複数のシステムに対処でき、かつシステムの拡張が容易な車載機のあり方を検討する必要がある。本研究では、前記の目的のため、自総管システムに対する各種システムの位置づけを行ない、これから汎用車載機としてのあり方とその問題点を明らかにすると共に、本研究になる汎用型車載機の試作実験を行う。

V.旅行時間計測用車載機、路上機の試作研究
 従来の旅行時間計測のための車載機は、タクシー、バス等に装置されてきたが、タクシーの場合には客の乗降のための停車が、正確な旅行時間把握の障害となることがある。一方、車番がシステムに逐一管理されていることからプライバシー侵害の問題が懸念されているので、これら2点に改良を加えた旅行時間計測用車載機、および路上機を試作研究する。旅行時間計測用車載機・路上機の試作研究の目的を達成させる為に、
・旅行時間計測用車載機の研究
・旅行時間計測用路上機の研究、を設定し研究する。

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

80-3

事業種別 / Type of Business

補助(2007年~最新)/Subsidy

発行年月 / Date of Issue

1981/09

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

研究開発/車載機器
ID:7948
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ