DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

89-1

自動車走行のための情報処理・通信システムに関する試作研究

I 自動車走行調査用システムの研究

 エレクトロニクス技術の飛躍的な発展を背景に、1970年代より排ガス対策、燃費改善といったエンジン制御の分野から、自動車のエレクトロニクス化が始まった。現在では、トラクションコントロール、四輪操舵、アンチスキッドブレーキシステムといった様々な分野に、エレクトロニクスが用いられている。更に公的機関が中心となり、CACS(自動車総合管制システム)、RACS(路車間情報システム)、AMTICS(新自動車交通情報通信システム)といった道路と自動車との間を無線通信技術で結びつけたシステムの研究開発が、社会基盤の整備とともにすすめられている。
 このようなインテリジェント化が進む自動車を、車社会における情報源としてとらえ、その情報を有効的に利用するシステムが、今後検討されていくことが予想される。自動車が走行することにより収集できる情報は、多種多様である。これら情報を組み合せたり、何台もの車の情報を収集することは、いろいろな分野での利用価値があり、最終的には車社会の改善につながっていくものと思われる。
 本研究では、自動車が収集できる情報と、それを利用した応用システムを整理していきながら、実現するための技術的課題を考察する。また、実験システムを試作し、データ収集処理プロセスに関する実装上の知見を得る。

II ドライバの径路選択特性検討用ツールの研究
 エレクトロニクスの発展に伴い自動車にマイクロコンピュータが搭載できるようになり種々の電子装置が導入され、この結果、自動車の各種制御機能が向上した。また、情報処理技術や通信ネットワーク技術も高度化し、これらを基盤とした社会の情報化も急速に進展している。この高度情報化社会において自動車の車内と車外とのコミニュケーションの需要も増大し、自動車電話やMCAシステムなどの通信手段の利用が増え、システム容量の拡大などの整備がされている。また、近年自動車における車内と車外との通信システム、特に詳細な道路交通情報や個別情報を対象とした通信システムの研究が各機関で行われている。一方、自動車側では高度化された走行支援装置などの搭載が進んでいる。
 これらの機器が広く普及した段階では、情報提供が交通流におよぼす影響が増大する可能性があり、情報提供に対するドライバの反応(径路選択特性等)の把握が、重要な課題になると思われる。また、一方、これらの車載情報機器は、ともすると操作が複雑になりがちなために運転者の安全性確保に対しては負担増加も懸念されている
 ドライバに、情報を的確に伝達するには、情報量の最も大きな画像表現を如何にうまく利用するかが重要なポイントである。そこで、今後ますます搭載が予想される各種の情報機器に対して、ドライバの行動を検討するに先立って、先ずこのような問題を解決しておく必要がある。ドライバにできるだけ負担をかけないような情報伝達方法を機器側で工夫すべきである。そのためには単に表示や操作を単純化するだけでなく、人間-機械系としての評価が必要になる。本研究では、径路選択特性検討の第1段として、これらの評価作業を対象としたドライバ特性の検討用ツールを研究する。
 車載情報機器の評価項目としては、精神的負荷、筋肉負担、視認性などが挙げられる。車載情報機器の主な機能が、車内における情報提供機能であることから、視認性を評価項目とする。視認性の評価としてまず考えられるのは、単独に、つまり運転をしていない状態でその視認性を評価する方法である。しかし、ドライバがハンドルを操作しているときの状態では、その評価はまた違ったものになると考えられる。このため本研究では車載情報機器の評価として、ドライバが操作している状態での視認性を評価する。つまり、運転作業に車載情報機器の視認作業を加えた場合のドライバ特性を対象とする。
 この操作中のドライバ特性を調査する方法として、車両走行中にドライバ特性を調査する方法があるが、この方法はドライバに計測機器をつけるため心理的な面や操作面での負荷が増加することや走行中の安全性の問題などからドライビングシミュレータによる特性評価の方が、実走行による評価より優れていると思われる。このため本研究は、ドライビングシミュレータによるドライバ特性の研究を目的とする。
 車両に搭載した車載情報機器によるドライバ特性をドライビングシミュレータを用いて研究する。本年度の研究テーマは、このドライビングシミュレータを基本とした検討用ツールの設計と、このドライビングシミュレータの基本部を用いた基礎実験である。

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

89-1

事業種別 / Type of Business

補助(2007年~最新)/Subsidy

発行年月 / Date of Issue

1990/03

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

研究開発/車載機器
ID:7953
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ