DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

K02-1

次世代自動車走行情報化システムに関する研究報告書

自動車交通に対する環境保全や交通事故の撲滅などの社会的要請や近年の電子技術の飛躍的な発展を背景として、情報処理・通信技術の総合的な利用による自動車の機能高度化の取り組みがなされている。その取り組みの一つである高度道路交通システム(ITS)は、最先端の情報通信技術を用い、道路と車を一体のシステムとして構築することによって、安全性、輸送効率、快適性の向上を達成し、環境保全に資することを目的としている。

このITS には、走行環境情報の提供や警告、運転補助、自動運転など安全性の向上を目的としたさまざまなサービスが定義されているが、それらのサービス実現のためには走路認識のためのインテリジェントなセンシング技術の開発が必要とされている。また、最近の高齢化社会の急速な進展は、高度な運転支援システムの開発速度の加速を迫っている。これらの技術的ソリューションの開発には多くの技術分野の協力が不可欠であり、かつ、高齢化社会のビークルモビリティといった総合的視点での課題の抽出が必要である。

本研究では、インテリジェントな走路認識のセンサとして画像処理システム(コンピュータビジョン) 及び高齢化社会のビークルモビリティに注目し、以下の2 テーマの研究を実施した。

(1) 道路画像処理システム評価用基準道路シーンに関する研究
画像処理システムを統一的基準で評価するために必要な道路シーンのデータベース構築を目的として、道路シーンが具備すべき要件について検討した。
(2) 運転特性と運転支援システムに関する研究
高齢化社会に求められる安全でしなやかなビークルモビリティの実現を目指して、運転支援サービスの在り方や新たな技術課題を幅広く探るための検討を実施した。
I 画像処理システムの評価用道路シーンの要求仕様の開発に関する研究
  《委託先:株式会社デンソー》
1. 序言
2. 研究の概要と本年度実施内容
 2.1 研究の概要
 2.2 研究の流れ
 2.3 本年度実施内容
3. 道路シーン画像のパラメータ導出
 3.1 道路シーンの撮影
 3.2 収集された道路シーン画像
 3.3 道路シーン画像のパラメータ
4. 道路シーンの評価
 4.1 道路シーンの要因解析
 4.2 道路シーンの困難さ
 4.3 道路シーンの複雑さと困難さの比較
5. まとめ
II 運転特性と運転支援システムに関する研究
i)高齢化社会におけるビークルモビリティに関する研究
  《委託先:株式会社システムソフト》
1. 目的
2. 調査の概要
 2.1. 調査紙の構成
 2.2. 調査対象
3. 調査結果
 3.1. 普段の運転
 3.2. 健康
 3.3. 行動範囲や利用交通機関
 3.4. 運転全般
 3.5. 歩行者である場合の行動
 3.6. 自転車に乗ったときの行動
 3.7. 自動車の装備
4. まとめと今後の課題
 4.1. まとめ
 4.2. 今後の課題
  ii)位置標定技術の応用と効果に関する調査研究
  《委託先:株式会社野村総合研究所、株式会社サイバー創研》
1. 高精度位置標定技術動向
 1.1 GPS を主体とした測位・補正方式の分類
 1.2 GPS 応用測位方式
 1.3 セルラー応用測位方式
2. 実用化に向けた有効性確認調査
 2.1 有効性の確認に関する予備走行実験の計画案
 2.2 位置標定技術に関する予備実験的検討  

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

K02-1

事業種別 / Type of Business

補助(2007年~最新)/Subsidy

発行年月 / Date of Issue

2003/03

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

研究開発/車載機器
ID:7970
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ