DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

路車間通信の共通仕様に基づく車載機・路上機の試作研究

路車間通信の新仕様の普及を促進するため、新仕様の利用によって実現し得る各種の応用機器を持った乗用車搭載機の試作研究を行うために、今年度は仕様の検討と構成部品である表示装置・距離センサ・方位センサの製作および大量データ通信機能を持つ対路上機モデムの製作を行った。
本車載機は、59年度までに確認実験を行った路車間通信新仕様に基づき、路線バスの乗客へのサービスを主眼に置いた表示型車載機である。乗客への情報伝達手段として、CRTへの表示に加え音声による案内も導入した。路車間通信の普及の促進を目的とした、新仕様応用路上機の試作検討をおこなったので報告する。
本路上機は、新仕様応用実験システム用路上機として、道路側に設置され、中央局との間のデータ通信を電話回線を介して行なうとともに、車両に搭載した車載機との間で路車間通信の標準仕様並びに、車載機に大量のデータを伝送する大量データ通信仕様に従って、誘導無線による局地双方向ディジタル通信を行なう機能を有する。また、本路上機の特徴として、多種類のアンテナに対応する機能も有する。路車間システムにおいて、その交信エリアと、車のスピードと交信データ量には、密接な関係がある。これまでは、現場において電界強度測定器を用いて交信エリアの測定を行っていた。今回、測定の能率アップと実車にアンテナを取付けた場合の交信エリアを測ることを目的として、車が走行するだけで自動的にその地点の車体の影響も含めた電界強度レベルを記録することのできる交信領域測定機器を設計・製作した。
この機能を用いて一次元の交信領域の測定と、路車間通信時の交信の状況(キャリアレベルのみ)を調査することができる。以下にこの機器の機能、仕様、構成と、実際に測定を行った時の測定例を示す。つくばシステム用に試作された情報収集に関する各種の実験機能を持つ管理型車載装置を実地に利用し、その問題点、技術的課題等を抽出することにより、今後の車載装置による道路交通情報に関する収集機能の高度化の方向を採る。

種別 / Article Type

報告書/Report

事業種別 / Type of Business

自主/Inhouse

発行年月 / Date of Issue

1986/03

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

研究開発/路車間
ID:7978
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ