DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

21-F-7

安全運転支援システムの統合シミュレータに関するフィージビリティスタディ

平成20 年度のF/Sで評価した通信系シミュレータ(Scenargie)をもとに、情報通信、交通流、ドライバの運転行動などの複数のシミュレータを統合し、安全運転支援システムの動作を総合的にシミュレートする環境の構築を試み、実用化に向けた課題を整理する。
まず統合シミュレータ構築の第一段階(Phase1)として、環境構築の実現可能性検証と、実際に構築する上での問題点やパフォーマンスに関する問題点などを明確化し、次段階に向けた最適化の方向付けを行うための試作を、既存のシミュレータを統合することで実施する。この第一段階では、既存の使用可能なツールを駆使し、早い段階で統合・動作する試作を構築することを目標とする。
次に、第二段階(Phase2)として、第一段階にて構築した統合シミュレーション環境で蓄積したノウハウやパフォーマンスに関するボトルネックなどを考慮した上で、統合シミュレータの最適化を図る。また、2009 年に総務省にて行われた大規模実証実験におけるパケット受信率や受信電界強度などの実測データをもとに、大規模実験環境と同様の環境をシミュレータ内に構築し、シミュレーションによるパケットレベルでの受信特性結果と実測データとの比較や、電波伝搬モデルと実測受信電界強度との特性比較なども行う。最終的に、統合シミュレータ構築に関する課題やスケーラビリティに関する課題、実測データとの比較による結果の有効性に関する課題などを明らかにする。

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

21-F-7

発行年月 / Date of Issue

2010/03

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

研究開発/車載機器
ID:7984
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ