DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

5-F-9

車々間走行データ伝達システムの開発に関するフィージビリティスタディ報告書

自動車同士の協調により安全で高密度な走行を実現する技術は、交通事故の低減、交通流の改善、省エネルギー、輸送産業における省人化等に大きな可能性を与える。車々間走行データ伝達システムはこうした走行を実現させる基幹技術の一つとして、技術的な可能性をさらに追求していくためには実験による検証が不可欠である。また、同システムによって伝達された情報を生かして協調走行・追従走行を行なうためには、関連する技術の開発促進を併せて図る必要がある。即ち、実車による走行実験をターゲットとして関連システムも含めた同システムの具体化を図ることは、車々間の通信技術の実用化に大きく貢献する。また、具体的な実車走行実験によって車々間走行データ伝達システムのフィージビリティを検証することは、実験の協力体制の確立も含めこの技術分野への波及効果は大きいと考える。

第I部 車々間光通信・測距システムの検討
車々間走行データ伝達システムの中核となる車々間通信・測距システムとして、本年度はまず通信と測距を別個に実験評価し、その結果により次年度以降に具体的な共用化の検討を行う。また、静的な(車両に搭載しない)状態での実験に限定し、試作する実験装置の方式決定は、原則として現時点で一般的に入手できるデバイスにより構成可能な範囲で試作システムを構築する。そのうえで、それらの装置を用いて基礎的な性能データおよび野外フィールド環境の影響を含む性能データを収集する。

第II部 関連車両系インタフェースの検討
本フィージビリィティスタディは、車々間通信のAVCS(Advanced Vehicle Control System)利用における技術的実現可能性を実装機器によって確立しようとするものであり、本年度は次年度以降に予定されているフィールド実験の結果を立案するための基礎的知見を得るために、車々間通信の応用形態として合流制御を想定して、関連諸事項について検討した。

第III部 海外調査
車々間走行データ伝達システムの検討を進めるにあたって、海外のこの分野の研究動向を調査し、併せて国際的な研究の可能性をさぐることとした。今年度は第26回ISATA (International Symposium on Automobile Technology and Auto-mation) への参加に時期を合わせて、欧州の代表的な研究機関を訪問した。ここでは、車々間の通信技術関連のプレゼンテーションを中心に紹介する。

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

5-F-9

発行年月 / Date of Issue

1994/03

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

研究開発/車車間
ID:7996
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ