DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

12-F-1

車々間走行データ伝達技術の隊列走行制御システムへの応用に関するフィージビリティスタディ報告書

平成5年度から8年度までに行われた車々間走行データ伝達システムの開発に関するフィージビリティスタディ(FS)は、その技術的実現の可能性を実証実験によって検討、確認し、その技術開発の方向を検討することを目指したものであった。この機能は、多くの車に装備されて初めて威力を発揮するものであり、実用仕様の設定には、普及発展のプロセスの考慮やプロトコルへのロバスト性の付与等さらなる技術課題が残されていた。
本FS(フェーズII)は、前FS(フェーズI)の成果を踏まえて、発展プロセスや長期的な技術の進展に留意しながら高度な走行支援システムに利用できる普及初期の車々間通信システムの基本案を提案するとともに、その有効性を実証実験によって検証することを目指すものである。これまでのFSで得られた成果や技術的知見を踏まえて、路車間通信等との連携、技術の標準化や実用化への手順を考慮した車々間データ伝達技術の全体構想を整理した上で、隊列走行をはじめとする関係方面で研究される走行支援機能やドライバの求める走行支援情報システムへの適用を想定した通信機能、関連機能を検討し、実験システムを試作して、技術的フィージビリティを確認する。
今年度は、昨年度行った導入初期型の車々間通信プロトコル基本仕様の検討と個別機能実験、及びレーダ、DGPS、慣性航法装置をインテグレーションした相対位置計測システムの検討と個別機能実験の結果を踏まえ、FSの集大成として協調走行の実証実験と公開実験(デモ2000)を行い、車々間通信技術、車両相対位置計測技術と車両制御技術の技術的フィージビリティを検証した。本報告書はその成果をまとめたものである

第I部 車々間通信の協調走行への応用に関する研究
走行中の車両の間で車両制御に関するデータ伝達(通常は測定が困難なあるいは不可能な各車両の精密な位置や速度、加減速度等)を行うことによって、小さな車間距離での安全な追従走行、車線変更の支援、さらには柔軟な形態の走行が可能となる。また、路車間通信との連携によって、たとえば高速道路におけるランプから本線への安全な合流の支援等も可能となる。このような役割を担う車々間通信技術は、ITSの実現に向けて、重要な基盤的要素技術の一つと認識される段階に至っている。

第II部 自動追従走行技術の研究
ドライビングシミュレータを利用したドライバ挙動の確認と、ステアリング、スロットル、ブレーキの各アクチュエータやセンサ類を取り付けた自動運転車両を製作し、これまでの研究の集大成として完全自動運転の研究を行う。ドライビングシミュレータによる実験結果を反映させ、将来の自動運転化を目指したより現実的な実験を行い、問題点を明確にする。また、カーナビゲーションの利用を想定した走行やプラトゥーン走行などを行い、これまでに構築した追従走行制御アルゴリズムの評価を行う。さらに、この自動運転システムを福祉車両に適用することで、障害者の運転負荷軽減や安全性の向上に寄与し、福祉車両の普及ひいては交通弱者の救済につながることを最終目的としている。

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

12-F-1

発行年月 / Date of Issue

1989/03

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

研究開発/車車間
ID:8004
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ