DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20190502 解説
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

自動車排出ガス計測における走行モード -ガソリン・LPG乗用車を例として-
Driving Modes in Automobile Exhaust Gas Measurement -For Gasoline and LPG Passenger Cars-

森川 多津子
Tazuko MORIKAWA

 わが国に自動車が急速に普及しはじめた1960年代は,自動車排出ガスに起因する大気汚染への対策も急務であった時代である.自動車排出ガスの規制は1966年に開始され,1968年の大気汚染防止法の施行により,国土交通省の道路運送車両の保安基準(以下,保安基準)に基づいて規制されるようになった.それ以来,自動車排出ガス規制は,わが国の都市大気環境の改善に欠かせない役割を果たしてきたと言える.
 自動車排出ガス規制では,走行距離当たりの大気汚染物質の排出量が規定されているが,自動車から排出される大気汚染物質の排出量は自動車の走り方,走行のパターン(走行モード)で大きく変わる.そのため自動車排出ガスを計測する際の走行モードは規制値同様,厳密に定義しておく必要がある.本稿ではガソリン・LPGを燃料とする乗用車に焦点を絞り,自動車排出ガスの規制値と規制値を測定する走行モードである試験モードの推移,実環境における自動車排出ガス量を求める走行モードである実走行モード,今後の自動車排出ガス量の推計のための新たな計測手法の活用について解説する.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20190502 解説

発行年月 / Date of Issue

2019/05

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:8044
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ