DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20201002 技術資料
PDF

Random Cycle Generatorを用いたシャシダイナモメータ上での実路排出ガス評価手法の研究
Study of a real driving emission test using a random cycle generator on a chassis dynamometer

松岡 正紘, 伊藤 貴之, 相馬 誠一, 羽二生 隆宏
Masahiro MATSUOKA,Takayuki ITO,Seiichi SOMA,Takahiro HANIU

 大気環境保全の観点から,自動車の排出ガス規制は年々厳しいものとなってきている.我が国においては,ディーゼル軽・中量車について,2022年10月よりPortable Emission Measurement Systems (以下,PEMS) の車両搭載を前提とした,路上走行時のディーゼル軽・中量車排出ガスに関する技術基準 (以下,実路排出ガス試験法) 3) が適用される予定であり,実使用環境における排出ガスが評価の対象となる.車両開発においては,様々な実路の交通状況や環境を考慮した設計とすることが,これまで以上に重要となる.
 しかしながら,実路での試験は周囲の交通状況や環境に依存するため,開発に必要な評価が常に実施できるとは限らない.また,実路走行試験を行うための車両へのPEMS搭載にも工夫が必要であり,工数増加の一因となっている.これらの課題を解決する効率的な車両開発手段として,実路ではなく利便性の高い実験室にて,様々な交通状況を模擬した実路排出ガス評価手法が求められている.
本研究では,この評価手法の一つとして,様々な交通状況を模擬した実路走行サイクルを生成可能なRandom Cycle Generator (以下,RCG) を開発し,RCGにより生成されたサイクルをシャシダイナモメータ上で走行することで,車両開発にも有用な実路排出ガス評価手法を提案することを目的とした.

Real driving emission regulations using portable emission measurement systems (PEMS) will be applied from October 2022 for light and medium-duty diesel vehicles in Japan. This means that during vehicle development it is more important to consider various situations. However, since an actual driving test depends on the surrounding traffic conditions and the weather, there is a high possibility that a test cannot be completed. For efficient vehicle development, it is necessary to develop an evaluation method that can simulate real driving emission in the laboratory. In this research, a random cycle generator (RCG) that can generate a real driving cycle that simulates various traffic situations was developed. Furthermore, the random cycle was run on an environmental chassis dynamometer. As a result, an alternative evaluation method for real driving emission (RDE) tests was proposed, which is not affected by actual traffic conditions or weather.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20201002 技術資料

発行年月 / Date of Issue

2020/10

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy

言語 / Language

日本語/Japanese
ID:8069
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ