• 縮小
  • 拡大

Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

電動重量車の充電/給電システムに関する開発動向
Developing Trend s of Charging/Electric Road Systems for Electrically Propelled Heavy Duty Vehicles

森田 賢治
Kenji MORITA

2020年10月に菅首相から2050年カーボンニュートラルの達成を目指す旨の宣言がなされた。その達成のためには、運輸部門におけるCO 2排出量の約4割を占める重量車分野の低炭素化、脱炭素化も極めて重要であり、電動化を進めることが一つの方向性である。しかしながら,重量車に関しては、バッテリ等の車両側の技術的・経済的課題からインフラ側の対応、政府のエネルギー政策の方向性等,重量車メーカだけでは解決困難な課題が多岐に渡り、電動化が進んでいない。そこで、重量車の電動化技術の動向およびその効果、導入に当たっての課題等を整理し、電動重量車の今後の方向性について見通しを得ることを目的に、国内重量車メーカや改造車メーカ、電力業界、充電器団体、大学等研究機関へのヒアリングや文献情報の収集・整理を行った。本報ではその成果の一部として、静止中超急速充電と走行中給電の動向について紹介する。

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20210301 技術資料

発行年月 / Date of Issue

2021/03

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:8076
 

▲PageTop