DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

「ITS産業動向に関する調査研究報告書」2019年版

お陰さまで創刊20号を迎えました!

ITS産業動向に関する調査研究報告書
- ITS産業の最前線と市場予測2019 -
(A-4判 362頁)
一般頒布価格 10,000円、JARI賛助会員価格 5,000円(消費税別)
(5冊以上一括購入は1割引き)

  • 各方面でご活用いただいている「ITS産業動向に関する調査研究報告書」の2019年版
  • 日米欧の自動運転の取り組みを網羅的に紹介するとともに、自動車のConnected化やセキュリティなどの動向、モビリティサービス・MaaS等の最新の動向も分析
  • ITS関連企業へのアンケートやインタビューにより、内容を一層充実

 超高齢化や人口減少、都市の人口集中、地方の過疎化、労働力不足などが社会的背景となる中、人やモノの移動の課題解決に向けて、モビリティサービス・MaaSに注目が集まっている。MaaSがもたらす新たな価値は、鉄道会社、公共交通事業者はもとより、様々な産業へ影響が波及するものと期待され、実現に向けた取り組みが活発化してきている。

 本調査報告書では、100年に一度の自動車の大きな変革期を迎えて、世界中で開発が進む自動運転の技術や法整備の動向を紹介するとともに、自動車の持つ情報の活用やセキュリティ、少子高齢化や労働力不足を解決するためにICTを活用した新たなモビリティサービスなど、自動車だけでなく、その周辺動向も含めて網羅的に調査を実施した。

 今後のITS関連市場やモビリティ社会を展望するための資料として、様々な関係者にお役立ていただき、関連産業の発展に貢献することができれば幸いである。

2019年版報告書の特長

  • 世界の景気動向から考察した今後の自動車市場の見通しや搭載が進む安全運転支援システムのセンサーの最新動向についての調査、今後のカーナビゲーションの将来像についても考察。
  • 官民連携で進められている自動運転システムやITS、ICT関連の施策を整理。
  • 自動運転システムの要素技術である位置評定技術や周辺環境認識技術、AI技術などの技術的な課題を考察。併せて、自動運転車をサービスカーとトラックなどの商用車と乗用車に分類し、国内外の開発動向や実証実験をとりまとめ、社会実装していくために整備すべき基準や規格・法整備の状況などを紹介。
  • 自動車が様々なメディアと繋がるConnected化に向けた取り組みとして、インフラ協調サービスや国内外のダイナミックマップの動向等について紹介。併せて、自動車が様々なメディアと繋がることで活用が期待されるプローブ情報活用に向けた国内外の動向や、Connected化の進展に必要な近距離通信と車載電子システムのセキュリティの日本や欧米における開発状況や標準化、最新動向を紹介。
  • 少子高齢化がもたらす地方の過疎化や労働力不足、高齢者の生活交通の維持など、日本が抱える課題を整理。その課題解決に向けて様々な業種からなる団体やコンソーシアムによって活発な議論が進められているMaaSや新たなモビリティサービスの取り組みを紹介。

お申し込み

購入申し込みフォームに必要事項を入力して、送信願います。


お問い合わせ

一般財団法人 日本自動車研究所 ITS研究部 國弘・中塚まで
〒105-0012 東京都港区芝大門1丁目1番30号(日本自動車会館12階)
TEL:03(5733)7924   e-mail:itstokyo@jari.or.jp

目次

  • はじめに
 
  • 第1章 調査研究の概要
 
  • 第2章 ITS産業を取り巻く環境
    • 2.1 マクロな視点からみた自動車のマーケット
    • 2.2 ナビ・インフォティメントシステムの動向
    • 2.3 安全運転支援システムの市場動向
    • 2.4 インフラ協調サービス
 
世界経済の景気動向の変化や国内外の自動車市場について考察。
また普及が進む安全運転支援システムの搭載状況やセンサー技術動向を紹介。
 
  • 第3章 ITSに関する主な国家施策
    • 3.1 統合イノベーション戦略2019
    • 3.2 世界最先端デジタル国家創造宣言
         ・官民データ活用推進基本計画
    • 3.3 官民ITS構想・ロードマップ2019
    • 3.4 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
    • 3.5 自動運転に係る制度整備大綱
    • 3.6 デジタル時代の新たなIT政策大綱
    • 3.7 科学技術基本計画(第5期)
    • 3.8 国土形成計画(全国計画)
    • 3.9 欧米の研究開発推進
 


 
 


  • 第4章 人・モノの移動に関する課題
    • 4.1 直面する社会課題
    • 4.2 日本が抱える人・モノの移動の課題
    • 4.3 人・モノの移動の課題解決に向けて
 
超高齢化、生産年齢人口減少、労働力不足、都市への人口集中と地方の過疎化の進行、高齢者の交通事故、交通渋滞などの社会問題を背景に、人やモノの移動課題を整理。
 
  • 第5章  自動運転システム
    • 5.1 自動運転システムの技術的課題と国内外の動向
    • 5.2 自動運転システムを活用したモビリティサービス
              カーの開発動向
    • 5.3 自動運転システムを活用した商用車の開発動向
    • 5.4 自動運転システムを活用した乗用車(POV)の
              開発動向
    • 5.5 自動運転システムの基準や規格・法整備等の状況
 
 
自動運転システムの技術的課題を考察。
サービスカー、商用車、乗用車に自動運転車を分類し、それぞれの国内外の開発動向や実証実験などの取り組みを取りまとめるとともに、自動運転を実装するために整備すべき基準や規格・法整備の状況を紹介。
 
 
 
  • 第6章 自動車のConnected化に向けた取り組み
    • 6.1 通信システムの動向
    • 6.2 ダイナミックマップ
    • 6.3 衛星測位システム(衛星航法システム)
    • 6.4 自動車をめぐるセキュリティの動向
 
DSRCの研究開発の経緯や実用化に向けた状況、セルラー通信、5Gの技術進展や実用化に向けた動きをとりまとめた。併せて自動車のConnected化や自動化に必要となるダイナミックマップや衛星測位システムの動向、自動車に関係の深い分野のIoT、ICT、重要インフラに関する国内外のサイバーセキュリティの取り組みや開発動向、標準化、ガイドライン、規制の動向についても紹介
 
  • 第7章 モビリティサービス・MaaS
    • 7.1 MaaSとは
    • 7.2 政策面からみたモビリティサービスの動向
    • 7.3 MaaS実現に向けた推進団体の取り組み
    • 7.4 MaaS実現に向けた領域別の取り組み
    • 7.5 自動運転の活用によるMaaSの実現
    • 7.6 MaaS普及への課題
 
自動車メーカーは、従来の自動車を生産して販売するビジネスから移動体験を提供するモビリティサービスへの事業転換を図ろうとしている。こうした変革に向けて、また、移動に関わる社会課題解決を図るため、新たな移動サービスの概念である「MaaS」が注目されている。日本国内における「MaaS」の動向に着目し、モビリティサービスの取り組みや関係者へのインタビューを通して見えてきた課題やあるべき姿について具体例を挙げながら紹介。
 
 
  • 第8章 終わりに(ITSの普及に向けて)
 

 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ